携帯サイトを作ろう! -ちょっと詳しいモバイルサイトの作り方-
XHTML+CSSで一歩進んだモバイルサイトを作るテクニックを幅広く紹介☆
このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをブックマークに追加
前回の記事でHTMLの冒頭で宣言するDOCTYPEの違いについて触れたのと、
携帯の機種によってDOCTYPEを自動出力するようなプログラム(関数)
を作ろうかなって思ったので、ここで今一度覚え書き程度にまとめてみます。

3回にわたって各キャリア別に書いていきます。
まずはドコモから。

○iモードHTML

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD Compact HTML 1.0 Draft//EN">

通称:Compact HTML(CHTML)。W3Cで正式な勧告がなされている。
以前、携帯メーカー各社がこの「Compact HTML」をW3Cに逆提案したいきさつがある。

現在バージョンは7.0まであり、バージョンアップを重ねるごとに
ドコモの新機能に対応した形でリリースされる。基本的にはHTMLと同様。
このDOCTYPEは省略可能か公式サイトには明言されていませんが、
省略しても動作はするようです。

○iモードXHTML(バージョン共通)

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
"http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="application/xhtml+xml; charset=Shift_JIS" />...

基本はこの共通系で動作しますが、通常はiモードXHTMLのバージョンによってDOCTYPEが用意されているので、そちらに合わせた方が良いでしょう。

バージョンによるDOCTYPEは以下。

iモードXHTML1.0

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//i-mode group (ja)//DTD XHTML i-XHTML(Locale/Ver.=ja/1.0) 1.0//EN" "i-xhtml_4ja_10.dtd">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="application/xhtml+xml; charset=Shift_JIS" />...


iモードXHTML1.1

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//i-mode group (ja)//DTD XHTML i-XHTML(Locale/Ver.=ja/1.1) 1.0//EN" "i-xhtml_4ja_10.dtd">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="application/xhtml+xml; charset=Shift_JIS" />...


iモードXHTML2.0

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//i-mode group (ja)//DTD XHTML i-XHTML(Locale/Ver.=ja/2.0) 1.0//EN" "i-xhtml_4ja_10.dtd">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="application/xhtml+xml; charset=Shift_JIS" />...


iモードXHTML2.1

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//i-mode group (ja)//DTD XHTML i-XHTML(Locale/Ver.=ja/2.1) 1.0//EN" "i-xhtml_4ja_10.dtd">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="application/xhtml+xml; charset=Shift_JIS" />...


たぶん分かると思いますが、iモードXHTMLの場合は、
DOCTYPEの以下の部分がバージョンに合わせて変わるだけです。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//i-mode group (ja)//DTD XHTML i-XHTML(Locale/Ver.=ja/2.1) 1.0//EN" "i-xhtml_4ja_10.dtd">


文字コードはiモードXHTMLの場合に限り、UTF-8も可能です。
この場合は、「Shift_JIS」を「UTF-8」に変えて、HTMLをUTF-8で保存し直せばOKでしょう。

ただし、3キャリア対応サイトを作るなら、Shift_JISにするほうが良いです。
これは前の記事でふれました。

なお、iモードXHTMLのDOCTYPEは省略不可。これは前回の記事で詳しく解説しました。
DOCTYPEを省略したり、記述を間違うと、ブラウザがXHTMLモードにならないので、
いじらない方が無難です。
スポンサーサイト




Copyright © 携帯サイトを作ろう! -ちょっと詳しいモバイルサイトの作り方-. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。