携帯サイトを作ろう! -ちょっと詳しいモバイルサイトの作り方-
XHTML+CSSで一歩進んだモバイルサイトを作るテクニックを幅広く紹介☆
このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをブックマークに追加
ThinkITで毎週火曜連載している
携帯サイト制作に関する「今から始める携帯サイト制作」が本日最終日を迎えました。
すみません、また宣伝させてください。

最終日の今日は「携帯サイトのユーザビリティ向上策」と題して、
携帯サイトを見た目をよくしたり、使いやすさをよくする方法についてまとめています。
ぜひ、ご覧ください。

第1回 携帯サイトとPCサイトはここまで違う! - 10月7日(火)
第2回 携帯サイトの制作から公開まで - 10月14日(火)
第3回 3キャリア対応の携帯サイトを作るには - 10月21日(火)
第4回 携帯サイトのユーザビリティ向上策 - 本日

今回初めてWeb執筆を体験しましたが、非常に貴重な体験でしたし、
学ぶものも多かった気がします。このブログから連載が決まったこともあり、
正直自分でもお話をいただいたときは、こんなことあるんだとびっくりしましたが、
無事執筆を終えられて良かったと思います。

引き続き、気長にブログを更新していこうと思います。

スポンサーサイト


このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをブックマークに追加
shibaです。

先週に引き続き、Think ITにて、僕が執筆させていただいた
携帯サイト制作に関する記事が公開されています。

第2回目の今日は、「携帯サイトの制作から公開まで」と題して、
汎用的な携帯サイトを作る手順やテクニック、知識を解説しています。

ご覧いただけると幸いです。

第1回 携帯サイトとPCサイトはここまで違う! - 10月7日(火)
第2回 携帯サイトの制作から公開まで - 本日
第3回 3キャリア対応の携帯サイトを作るには - 10月21日(火)
第4回 携帯サイトならではのユーザビリティ向上(仮) - 10月28日(火)



このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをブックマークに追加
Thinki ITにて携帯サイトの制作についてまとめた
「今から始める携帯サイト制作」を執筆させていただきました。
本日より公開です。

Think IT

このブログと同じで、PCサイトを制作したことはあるけど、
携帯サイトは初めてっていう方向けに書きました。

Think ITについてちょっとだけ説明させていただくと、Impress ITが運営するThink ITは、
Webに関わる技術者向けの技術解説サイトで、毎月2つの特集が組まれています。
特集では、一つのテーマを一人の著者が毎週同じ曜日を担当し、
1ヶ月で3~5回(1回につき3ページ)に渡って解説しています。

で、10月は特集2でモバイル向け制作という特集が組まれ、
その中の毎週火曜日「今から始める携帯サイト制作」が僕の担当。

全4回に渡り以下のようなテーマでお話しします。

第1回 携帯サイトとPCサイトはここまで違う! - 本日
第2回 携帯サイトの制作から公開まで - 10月14日(火)
第3回 3キャリア対応の携帯サイトを作るには - 10月21日(火)
第4回 携帯サイトならではのユーザビリティ向上(仮) - 10月28日(火)


このブログをギュッと濃縮して重要なポイントだけに絞って書いてみたので、
よければ見てみてください。サンプルソースとかもダウンロードできたりしますよ。

携帯×PHPで有名なmemokamiさんも昨日から同じ特集で記事を書かれていますよ~
携帯サイトをテストする方法」というテーマで。素敵。

ちなみに、裏話をさせていただくと、
今回の執筆は以前書いた記事「モバゲーのような携帯サイトを作るための12のTips」に、はてブがえらくつく光景にピンっときたThink ITの担当者様から直接メールを頂いたんです。

やっぱり携帯サイトを制作するにあたって、あまりに情報が少ないんじゃないかと。
そしてそれを求めている人が多いと言うこと。目の付け所が違いますな~笑

実は同時期に別件でも話をもらっていて、いろいろと裏で作業を進めていたりします。
やっぱり携帯サイトってみんな注目しているですね。

肝心の記事ですが、偉そうに語っていて、さらに顔出ししちゃってるし。
あまりその辺は触れないでおいてください。

では。


このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをブックマークに追加
以前、

ドコモ iモードサイト作成時のHTML DOCTYPEまとめ
(http://dspt.blog59.fc2.com/blog-entry-37.html)

について書きましたが、今読み返すとあまりに適当な気がして、
読者の方に誤解を招くのは申し訳ないので、携帯サイトを制作する際に、
DOCTYPEはどのように記述すべきかもう一度考えてみます。

現在、各キャリアが推奨しているDOCTYPEは、
Kamitani79-メロンとバナナとブログさんに書かれているように、各社独自に定めています。

が、しかし実際のところは、3キャリア共通のXHTMLを書く場合には、
XHTML Mobile Profileに従って記述するほうが、各社のXHTMLの仕様を見ても、
一番合っている気がします。

ただ、XHTML Mobile Profileはかの有名なW3Cが勧告したものではなく、
携帯端末の特性に合わせて、WAP Forumが仕様化したもの。
PCのようにW3Cに合わせるべきだという論調に従うのであれば、
W3Cがモバイル用に定めた、XHTML Basicに合わせる方がよいのでは?という意見もあります。

ただし、XHTML Basicではstyle属性によるCSSの指定ができません。
PCサイトを制作してきた人にとっては、今更style属性なんて。
と思われるかもしれませんが、携帯サイトでCSSを使う場合、
ドコモではstyle属性でしかできません。

ということで、どっちみち3キャリア対応とするならば、
XHTML Mobile ProfileかXHTML 1.0 Transitionalあたりを使うほかない気がします。

検索エンジンへのフォローという意味では、
GoogleはDOCTYPEにXHTML Basicを推奨例に、WML、cHTML、XHTML-MPを推奨しています。
それはあくまで世界的に見た場合であって、独自に進化している日本においては、
それでいいの?という疑問符がつきます。


もちろん、検索エンジンのロボットはこのDOCTYPEだけで、携帯サイトを認識するのではなく、
例えば「絵文字が含まれているか」とか「半角カナが使われているか」、「ページ容量はどのくらいか」というように複合的に判断しているらしいので、XHTML Basicじゃなきゃダメ!というわけでもなさそうです。適切にマークアップできていればどのDOCTYPEを選んでも問題なさそうです。

ということで、私は以下のDOCTYPEがよいのでは?という考えで、サイトを制作しています。

■XHTML Mobile Profile 1.0
<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//WAPFORUM//DTD XHTML Mobile 1.0//EN"
"http://www.wapforum.org/DTD/xhtml-mobile10.dtd" >
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">



■XHTML 1.0 Transitional
<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja">



※2008年12月9日 追記
はてなブックマークで以下のコメントをいただきました。

「XHTMLBasic 1.1」でXHTML Mobile Profileは統合された…


こちらのミツエーリンクスさんの情報では、
XHTML BasicにXHTML Mobile Profileが統合されるようXHTML Basic1.1が「勧告候補」となった。
と記されています。あくまで勧告なので、日本を始めメーカー、キャリアが今後この勧告を受け入れていけば、標準化(統一化)されていくでしょう。

ただし、現状ではドコモやauなどでも、XHTML Basic1.1には対応していません。
今後に期待されます。




Copyright © 携帯サイトを作ろう! -ちょっと詳しいモバイルサイトの作り方-. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。