携帯サイトを作ろう! -ちょっと詳しいモバイルサイトの作り方-
XHTML+CSSで一歩進んだモバイルサイトを作るテクニックを幅広く紹介☆
このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをブックマークに追加
さっそく、読者の方から、「iモードブラウザ」が「2.0」になりましたが、
携帯サイト市場としてすぐに対応は必要ですか?

というご質問を頂いたので、今更ではありますが僕なりの見解をお伝えしますね。

結論から言うと

「もちろん動向をウォッチしていくことは必要だが、焦ってすぐに対応する必要はない」

と思います。

iモードブラウザ2.0がドコモ新機種(昨年の夏モデル)に搭載されたとき、
技術系のブログではいち早く過去のブラウザバージョンとの違いを比較した情報を伝えていましたが、
私はその情報はもちろん作り手として知る必要はあると思うんですけど、

おそらく皆さんが思っているのは、そうではなくて、
じゃぁすぐに対応すべきかっていうことだと思うんです。


確かに携帯サイト業界のトレンドや動向は変化が早いと言われますが、
XHTML+CSSベースで携帯サイトが作れるようになった今でも、
核となる制作ノウハウは実はそれほど変わっていないんです。
この手の情報が少ないだけに、気になってしまうのかな?と思っています。

確かに、市場にiモードブラウザ2.0に対応した携帯端末が増えてきたのは事実。
しかし、全体のパイから考えればまだまだ割合では少ないはずです。
全体の機種の割合ではなく、あくまで売れた数で割合は決まりますので。

世の中的な動向を鳥瞰すると、
現況としては、ようやく3G端末のシェアが8割を超えて、movaなどの2G機種から3Gの移行を
キャリアが躍起になっているところに次世代のLTEが始まろうとしている。

という状況ですので、
ようやく2Gユーザを切り捨てようかなと思っている携帯サイトをリッチ化して2.0向けに
改修する時間的、規模的コストを考えてもその必要性がなければ今のままでも十分なのではないかと思います。


とはいってもねぇ・・。


その気持ち分かります。笑
しかし、私もなぜかすぐに対応する気は起こりません。
やはり以下の特徴があるからではないでしょうか。

■iモードブラウザ2.0対応のメリット
・i-CSS2として外部CSSの読み込みができるようになっていることは大きな変化
・これにより、ようやく3キャリア対応携帯サイトの作成もだいぶ楽になるのではと思われる

■iモードブラウザ2.0の今
・まだiモードブラウザ2.0搭載機種の市場シェアがだいぶ低い。
・iモードブラウザ2.0の下位互換性により既存のページの改修は
 2.0ではないといけない要件がなければ特に対応が不要。

という現状がありますから、あまり対応する必要性が見あたらないのです。
もちろん要件次第とは言えますが、

やはり、結論としては

まだまだdivタグ直書きCSS+XHTMLという
従来の携帯サイトの作成手法が有用かつ一般的と思われます。
スポンサーサイト




Copyright © 携帯サイトを作ろう! -ちょっと詳しいモバイルサイトの作り方-. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。