携帯サイトを作ろう! -ちょっと詳しいモバイルサイトの作り方-
XHTML+CSSで一歩進んだモバイルサイトを作るテクニックを幅広く紹介☆
このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをブックマークに追加
久しぶりの更新です。毎日暑い日が続いていますね、、

さて、通常、携帯向けホームページを3キャリアドコモau、ソフトバンク)対応して作成するとき、業界的というか作成慣れしている人は「ドコモ+au」と「ソフトバンク」の2キャリア対応で作成するというお話しを、以前の記事でちょろっとしました。

これは絵文字の互換性の問題が影響しており、絵文字の互換性があるドコモau、互換性のないボーダフォンを分けて作らなければならないということでした。
ただ、ドコモauに絵文字の互換性があるといっても、1つのHTMLで2キャリアに対応させると、それ以外の部分、特にデザイン周りの違いがどうしても出てきてしまいます。

どうやら、ドコモauともにブラウザエンジンにHTMLの誤った解釈があり、例えばauではブロックレベル要素(Pタグやhrタグなど)に解釈の間違いがあるようです。

この不具合は、IEなどと同じようにDOCTYPE宣言によって切替が起こるのか、そのへんの事実は確認中ですが、いずれにしてもこれらの解釈の違いによって起こるデザイン周りの互換性をどうとるか。この辺は難しいところです。

これに対処する方法で有効なのは、外部CSSを読み込む有無の違いを上手く利用する方法があります。

auのブラウザ「Up.Browser」は外部CSSの読み込みに対応していますが、ドコモはインライン指定によるCSSと一部の内部参照の対応にとどまり、外部CSSの読み込みには対応していません。

これらの違いを利用して、CSSによるデザインにおいて、共通の部分はインライン指定をし、auだけに効かせたいプロパティは、外部CSSで読み込むといった違いを出すことで、HTMLの解釈の違いを回避することができます。

だいぶ、荒技な手法かもしれませんね。(笑)

また、ドコモ端末が外部CSSの読み込みに対応となると、これらの手法は使えなくなるので、注意が必要です。





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 携帯サイトを作ろう! -ちょっと詳しいモバイルサイトの作り方-. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。