携帯サイトを作ろう! -ちょっと詳しいモバイルサイトの作り方-
XHTML+CSSで一歩進んだモバイルサイトを作るテクニックを幅広く紹介☆
このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをブックマークに追加
携帯電話向けのホームページを作る場合でも、パソコン向けのホームページでも基本的に同じサーバーで運営することができます。

携帯もパソコンも同じ(X)HTMLを元にページを表示しており、これらHTMLを設置できるサーバーであればモバイルサイトの運営は可能です。
従って、携帯サイト向けのウェブサーバーというのは存在しません。パソコン向けのウェブサーバーであればモバイルサイトの公開が可能なので、お好きなウェブサーバーをレンタルすれば良いと思います。

ただし、携帯サイトを運営するにはある程度あると便利なオプションというものがあります。従って、以下に挙げるようなこれらのオプションが使用可能なサーバーを基準に選ぶと良いでしょう。

1. アクセスログ解析が備わっていること
2. .htaccessが使用できること
3. SSI(Server Side Include)がHTMLで使用可能なこと。
4. php/cgiが使用できること


特に1~3は必須といって良いでしょう。順に説明します。

まず、1のアクセスログ解析ですが、
アクセスログ解析は訪問者のIPや機種、ブラウザ、リンク元URLなどのサーバー通信履歴を閲覧しやすいように集計したものです。

アクセスログ解析はサーバー側に用意されてなくとも、CGIやPHPなどのスクリプトをページに組み込むことで代用できます。
しかし、携帯電話の場合、その取得に必要な「Javascript」に対応していなかったり、リファラー情報を出力しないので、多くの場合これらスクリプトではリンク元を知ることができません。

例えば、画像への直リンクの対策が必要となったとき、リンク元を知る必要がありますが、スクリプトでは取得することができないため、サーバーのログに頼らざるを得ません。従って、アクセスログ解析、しかもより詳細に知ることができる解析ソフトが備わっているサーバーを選ぶと良いでしょう。

また、2のhtaccessですが、例えばユーザエージェントやIPによるページの振り分け、すなわちドコモならiモードのページを表示させたり、auならau用のページを表示させると言うことがhtaccessで可能になります。他ページ認証などにも使用できます。

また、3.のSSIをHTMLで使用可能にするためにhtaccessで設定したりすることもあるので、サーバー設定ファイルである「htaccess」を置くことのできるサーバーを選ぶのも1つの選択肢です。

3.のSSIですが、携帯でアフィリエイトをしようと思っている方は、広告の表示管理(ランダム表示など)に使用したりすることができるので、これもあると便利です。(携帯アフィリエイトは広告のランダム表示も効果がある)またテキストカウンタの設置等にも必要になってきます。

4. については写メール掲示板などの設置を考えている場合などには必要ですね。

PC向けではなく、そもそも携帯ページですから、ホームページ容量や転送量はあまり重要なポイントではありません。





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 携帯サイトを作ろう! -ちょっと詳しいモバイルサイトの作り方-. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。