携帯サイトを作ろう! -ちょっと詳しいモバイルサイトの作り方-
XHTML+CSSで一歩進んだモバイルサイトを作るテクニックを幅広く紹介☆
このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをブックマークに追加
モバイルサイト向けのウェブサーバーを選ぶポイントは前回説明しました。今回は、ホームページを作成する際の確認ツールのお話です。
PC向けサイトを作成するとき、通常はプレビューといってブラウザ等で確認しながらホームページを作っていくやりかたが一般的だと思いますが、携帯サイトは対象が携帯電話なので、毎回確認しながらという作業がなかなか出来ません。

わざわざウェブサーバーにアップロードして、それから携帯電話でアクセスする。この繰り返しではスムーズにホームページは作れません。ましてやパケット定額プランではない場合、確認のための通信費が膨大になってしまいます。

そこで、確認ツールが必要になるわけですが、各社ツールの提供を行っています。

まず、大御所iモードですが、ドコモでは
iモードシミュレーター」というツールが配布されています。

現在ⅠとⅡが公開されていていますが、Ⅱを入れておけば問題ないでしょう。

使用感ですが、そこそこ使いやすいです。この手のツールは変に携帯電話の画面や操作パネルを意識した作りになっていますが、肝心のプレビューがしっかりと作られていなかったりするのですが、
『iモードシミュレーター』はシンプルで良いでしょう。

また、このツールはローカルファイルとサーバー上のファイルの両方をプレビューできます。

サーバーにアクセスする際のユーザエージェントは端末と同じですが、接続IPはもちろん接続しているISPに依存するので、IPによるアクセス制限等を行っている場合注意が必要です。

auの場合は、ブラウザがOpenwave社製Up.Browserですので、『Openwave SDK』をダウンロードします。

こちらのSDKですが、はっきり言って使いにくいです。
絵文字に完全に対応していなかったり、変に見た目に凝りすぎている感があります。機能についてはiモードシミュレーターと同じです。

この辺の確認ツールがしっかりと作り込まれていないと、結局は作成する人が持っている携帯キャリアに依存してしまう、または偏りが生じてしまうのはやむを得ない所はありますが、とりあえずこれらの確認ツールを用いて作成を行いましょう。

お金があるのなら、3キャリアの携帯を持つのが一番良いのですが…(笑)





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 携帯サイトを作ろう! -ちょっと詳しいモバイルサイトの作り方-. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。